虫歯・歯周病予防

虫歯や歯周病は予防できる病気だということを皆様に知っていただきたいのと、虫歯や歯周病を治療したからといって、治療後にメンテンスをせずに放っておくとまた虫歯や歯周病が再発してしまいます。
しっかりと「予防・メンテナンス」を行うことで一生健康でキレイな歯を保つことができるのです。
でも、そのためには歯科クリニックでのプロのケアとご自宅でのご自身によるケアがとても重要となります。
それぞれのケア方法をご説明します。

歯科クリニックでのケア方法

歯科クリニックでのケア方法
  • 生活習慣のチェック
    口腔内に異常を起こしている原因が、特定の食習慣にあるということもしばしばあります。
  • 口腔内のチェック
    患者様のお口の中を拝見します。歯や歯肉の現状をチェックし、必要があれば検査や治療を行います。噛み合わせが歯周病の悪化の原因になっていることも多いのです。
  • ブラッシング指導
    普段のご自宅でのブラッシング(ホームケア)が行われていないと、せっかく治療をしても炎症はなかなかひきませんし、すぐに再発してしまいます。
    そこで患者様に合わせたブラッシング用具とその方法をご提案し、質の高いセルフケアを実践していただければと思います。
  • 歯垢、歯石除去
    どれだけきちんとしたブラッシングをしていても、すべての歯の歯垢を落としきれるとは限りません。ましてやそれが歯石化した場合、ホームケアでの除去は不可能といえます。そこでプロの手であらゆる隙間に潜んだ汚れを、すべてきれいに掃除します。
  • PMTC
    歯科衛生士や歯科医師により、専用の器具と専用のペーストを使用し、全ての歯面プラークを機械的に取り除く方法で、 タバコのヤニなどもキレイに除去できます。
  • フッ素塗布
    歯のエナメル質の強化や汚れの沈着防止、虫歯予防にも効果的です。
  • 細菌検査
    お口の中には約1,000億個の細菌がいます。その中で虫歯や歯周病の原因菌は決まっています。
    治療やクリーニング前後にこの検査を行い、細菌の種類や量を数値化する事で個人個人に合った
    予防方法をお伝えしていきます。
    細菌検査の詳細はこちら

ご自宅でのケア

ご自宅でのケア
  • ブラッシング
    正しいブラッシングで、虫歯や歯周病からお口を守ることができます。毎食後、丁寧なブラッシングを心がけましょう。
  • デンタルフロス
    デンタルフロスとは、ブラッシングでは落としきれない歯間の汚れを除去するアイテムです。
  • 歯間ブラシ
    歯と歯の間を磨くための、小さなブラシ状のケアグッズ。間が広い場合や、つけ根部分の隙間などに使用します。
  • 洗口剤
    洗口剤は液状のうがい薬ですが、虫歯・歯周病予防にも用いられます。市販されている多くの洗口剤の成分には、虫歯・歯周病の原因であるプラークの形成を抑制する働きがありますので、ブラッシングと併用して使いましょう。
  • デンタルガム、タブレット
    砂糖が含まれておらず、虫歯菌の栄養に必要な酸を作り出さないため、虫歯の抑制に効果があります。
    またガムは1日4回程度噛むことで唾液の作用も活発になり、更に有効成分の効果を期待することができます。タブレットは1日7回程度、噛まずに舐めてください。

ご予約・お問い合
わせはこちら

●治療相談について

お電話での治療の相談等はご遠慮いただいております。相談をご希望される方は、ご予約の上、ご来院いただくことをお願いしております。

●キャンセル・変更について

ご予約のキャンセル・ご変更はできるだけ前日までにお電話にてお願いいたします。メールでのご連絡はご遠慮下さい。

診療時間 日・祝
9:30~20:00
最終受付19:00
06-6343-7586

※1週間以内のご予約はお電話にてお願いします

メールでのご予約はこちら
  • 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック FUKUNISHI DENTAL CLINIC
page top