ドクターからの豆知識

《ドクターからの豆知識》口内炎について

2023.10.31更新

お口のできものについて

 

皆さんこんにちは。

 

お口の中に口内炎ができた経験はあるでしょうか。

できものが突然できて気づいたらなくなっていたということがあると思います。

 

その中でも中々治らない口内炎には要注意です。

それは口内炎ではないかもしれません。

 

お口の中のできものにも沢山の種類があります。

粘液嚢胞、線維腫、乳頭腫といった様な良性の病変の可能性であったり、

歯の根が膿んでできたものであったり、

最悪のケースでは悪性腫瘍の可能性もあります。

その他にも様々な病変の可能性があります。

 

歯の根が膿んでる際は根の治療が必要です。

悪性腫瘍が疑われる際は大きな病院で詳しく調べる必要があります。

 

一番大事なことは早期に発見して早期に治療することです。

 

また、当院には口内炎の治癒を早める炭酸ガスレーザーもございます。

炭酸ガスレーザーによる蒸散・殺菌効果により治癒を促進させます。

当院には他にも半導体レーザー、ヘリウムネオンレーザーもあり、

症例によって使い分けています。

 

気になった際はお気軽に歯科医師にお尋ねください。

        

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》エクストルージョンについて

2023.09.04更新

エクストルージョンについて

 

皆さん、こんにちは。

 

今日は、エクストルージョン(歯を引っ張り上げる処置)という部分矯正についてお話します。

虫歯や破折などで、自分の健康な歯が骨よりも深い位置にあり、

被せ物が出来ないような場合、通常であれば抜歯となってしまいます。

 

しかし、エクストルージョンを行うことで、

骨の下に位置した自分の歯を引っ張り上げることが出来ます。

こうすることで、被せ物が自分の歯をしっかりつかむことが出来て、

歯を残すことが可能になります。

歯を引っ張り上げた際に、一緒に骨もくっついて伸びてくるため、

後から骨を整える手術が同時に必要になります。

 

エクストルージョンは歯を残すための矯正なんです。

他院で抜歯と言われてしまった歯に関しても、

もしかすると残すことが出来るかもしれません。

 

エクストルージョンについて気になった方やもう少し話を聞きたい方は

是非、担当の歯科医師にお尋ねください。

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》歯並びについて

2023.07.01更新

歯並びで悩んでいませんか?            
                       
福西歯科クリニックでは、矯正の無料相談をさせていただいています。  
「全体的に噛み合わせを診てほしい」            
「前歯のガタガタが気になる」              
「今、流行りのマウスピース矯正が気になる」          
「矯正ってどんな種類があって、どう治療するの?」        
「歯並びが気にはなるけど費用と期間的な事が聞きたい」など、    
気になるお悩みはありませんか?              

 

 

全体的に数年間かけて歯並びを矯正する物だけではなく、部分的に数カ月で出来る矯正もあります。
患者様のお悩みに合わせて、矯正担当医がしっかりとカウンセリングさせていただきますので、
気になる事や不安な事があれば一度ご相談ください。              

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》口腔内スキャンについて (2)

2023.05.02更新

口腔内スキャンについて

 

以前のブログで当院にiTero(アイテロ)という

口腔内スキャナーを導入したことを書かせてもらいました。

 

実際にスキャンした画像をご覧下さい。

 

 

 

 

どうですか?

まるで本物の写真見たいですよね。

でもこれは口腔内スキャナーでスキャンしたデータなんです。

 

保険の被せ物を作る際に撮影したものです。

 

皆さん今まで被せ物の型取りをする際に

ピンク色の粘土の様なものをお口の中に入れられた経験はありますか?

 

決して気持ちの良いものではありませんよね。

私も結構苦手です。

 

将来的には、この様なスキャンだけで被せ物が作れる時代が来ると言われています。

 

残念ながら今の段階では

このスキャンだけで被せ物を作ることは難しいです。

なぜなら、クオリティーがそこまで高くないからです。

従来通り、ピンク色の物でも型取りしなくてはなりません。

 

いつかスキャンだけで型取りが出来る日が来れば良いですね。

 

何か口腔内スキャナーのことで分からないことがありましたら

お気軽に担当歯科医師までお聞き下さい。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》口腔内スキャナーについて

2023.03.01更新

口腔内スキャナー                                             

当院ではお口の中の状態、歯並びや虫歯の状態の記録や確認の為に口腔内スキャナーを取り入れております。自分のお口の中の状態を確認するためには、従来の方法だと印象材と呼ばれるピンク色の粘土のような材料で型取りを行い、石膏に置き換えた模型をみて初めて自分の歯並びを立体的に見ることができます。

しかし、口腔内スキャナーは、電動歯ブラシより一回り大きい小型カメラでお口の中を撮影するだけで、モニター上でお口の中の状態を3Ⅾデータで立体的に確認することができます。

 

口腔内スキャナーで撮影したデータをもとにマウスピース矯正の治療計画立案、治療後のシミュレーションを行うことができます。

 

本来矯正治療では、印象材でお口全体の型取りを行う必要があります。その際、嘔吐反射が起きて不快感や苦痛を伴ってしまうこともあります。

口腔内スキャナーを用いることで、印象材での型取りが不要となり、小型カメラで撮影するだけでお口の中の状態、噛み合わせの精密なデータを採取できます。

 

また、矯正治療だけでなく、被せ物の型取り(適応でないケースもあります)にも使用できます。

☆口腔内スキャナーのメリット

・印象材での型取りの際の嘔吐反射や不快感を軽減する。

・お口の中の3Ⅾデータを確認できる。

・マウスピース矯正のシミュレーションを行うことができる。

 

★口腔内スキャナーのデメリット

・被せ物の型取りで適応でないケースも多数存在する。

・マウスピース矯正は自費診療になる。

 

撮影は15分程度で完了します。興味がありましたら担当医またはスタッフまでお声かけください。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》根の先に膿が溜まるのは、なぜ?

2022.12.26更新

根の先に膿が溜まるのは、なぜ?

 

歯科医院を受診して歯のレントゲンを撮った時に「この歯の根の先が膿んでいます」と言われた経験はないでしょうか?

歯が生えてきた時は、どの歯もすべて神経があります。

しかし、経年的に虫歯が進行し、痛みが生じると神経を取る処置が必要になってきます。

虫歯は、歯のエナメル質や象牙質が細菌の出す酸によって溶けることを言います。

象牙質が溶けるとその中にある神経に細菌が侵入し、痛みを生じます。

その時点で、皆さんは歯科医院を訪れますが、細菌の感染が少ない場合は、神経を残す治療ができることがあります。

しかし、細菌が深く侵入し、感染が拡がると神経を取らなければなりません。

これを「抜髄処置」と言います。

最近の研究で、「抜髄処置」であっても根の先までは細菌が侵入していないことが分かっています。

つまり、根の先の神経は感染していないので、生きている場合がほとんどです。

生きた神経がある限り「膿む」ことはないのですが、何らかの原因で生きている神経に細菌が感染を起こして、結果的に膿むことになるのです。

では、その原因は何でしょうか?

 

原因の多くが、治療時に満足な感染対策をしていないことだと言われています。

それは、治療前、治療中、治療間の3つの場面で、感染防止の準備を怠っていることが原因です。

 

・術前・・・ラバーダム防湿の徹底

 皆さん、根の治療をされた時にラバーダムをかけられたことはありますか?私のクリニックでお聞きしても、多くの患者さんが、「そんな経験はないです」とお答えになります。

ラバーダムとは、ラバーを専用の器具を使って、治療する歯の周りに固定して、他から細菌が入らないように隔離することです。

このことにより、治療中に唾液や粘膜に存在している細菌が歯の中に入らないように防御できます。

根管治療を行うときは必ず必要な前準備です。

 

・術中・・・不十分な滅菌と不用意な器具操作

 根管の中に入れる器具、器材、材料は、すべて滅菌・消毒をされていなければなりません。

当たり前のことに聞こえますが、意外となされていないことが多いのが現実です。

また、歯の中に虫歯が残った状態で根管治療を行うことで、無菌であったところに、細菌を入れ込むこともあります。その結果、根の中全体に細菌感染が拡がり、膿が発生することに繋がります。

 そして、根の中は肉眼では見えない(小さくて、暗い)ので、明るい環境で、しかも強拡大で見なければ治療が不十分になります。そのためにマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は、必需品と考えています。

 

・術間

 根管治療は、1回で終わることは難しい処置です。とくにいくつもの根管がある大臼歯では、複数回の処置が必要です。その場合、次回の治療までに歯の表面を封鎖しなければなりません。

この封鎖が不十分ですと、せっかく綺麗にした根の中に唾液中の細菌が入り、新たな感染を引き起こします。そのため、当クリニックでは、2重の封鎖を行っています。

もし、上側のセメントが割れたり、剥がれたりしても、その下に違ったタイプのセメントを置くことで、根の中が汚染にさらされることを防ぐことができます。

 

このように、根の治療は、「今起こっている感染(細菌)をできるだけ除去し、絶対に新たな細菌を入れない」ことに尽きるのです。

しかし、我が国の「根の治療」の成功率は、かなり低いというデータが出ています。

世界中(外国)の多くの調査を見ても、日本の根の治療のレベルは低く、後進国と言っても過言ではありません。

 

皆さんもこれから根の治療を行うときは、

  • ラバーダムをしているか?
  • マイクロスコープを使用しているか?
  • 適切な封鎖をしているか?

をチェックしてみて下さい。

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》矯正治療と補綴治療について

2022.10.25更新

矯正治療と補綴治療

 

矯正治療では、歯の位置を移動することで見た目や咬み合わせを回復します。

しかし、歯の形を変えるわけではないので、限界があることも事実です。

そのため、矯正治療に加えて補綴治療(歯を削って詰める、あるいは被せる)が必要となる事もあります。

 

事前の検査でそれらを100%予測することは困難なため、

必要になると矯正治療中に診断された時点でご説明させて頂きます。

 

補綴治療は、必要最低限の範囲で行いますが、

天然歯を削る可能性もありますのでご了承くださいませ。

 

患者様の「こうなりたい」をお聞かせください。

 

矯正治療は、歯全体を動かす矯正や部分矯正などがあり、

期間的な事や審美的な事など選択肢は様々です。

矯正をすることで、なにか気になっている事や悩みが

ひとつでも解消できればと思います。

 

相談は無料ですので、気になる事がありましたら遠慮なくお越しくださいませ。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》親知らずの抜歯、CTについて

2022.08.25更新

親知らずの抜歯、CTについて

皆さんは、親知らずを抜いたことや、

親知らずを抜いた方が良いと言われたことはありますか。

多くの皆さんが、どちらかを経験していることと思います。

また、親知らずを抜いたご家族やご友人から、もの凄く痛かった、

すごい時間がかかって大変だったという話や、反対にほとんど痛みも出ず、

痛み止めも飲まなかった、一瞬で抜けたなんて話を聞いた方も

いらっしゃると思います。

では、同じ親知らずでもどうしてこんなにも違いがあるのでしょうか。

今回は親知らずの抜歯の難しさについて考えてみましょう。

まず、簡単に抜ける親知らずとはなんでしょう。

それはまっすぐ生えていて、根っこも曲がっておらず、

歯茎や骨に埋まっていない親知らずです。

この様な親知らずは1分もかからず抜けるなんてこともあります。

(もちろん血圧を測ったり、麻酔をしたり、

止血をしたりするので治療時間は30分程はかかります)

逆に、抜くのが大変な親知らずとはなんでしょう。

それは横や斜めに生えていて、根っこが曲がっており、

歯茎や骨に埋まっている親知らずです。

場合によりますが、難しければ1時間近くかかることもあります。

なぜなら、抜く際に歯茎を切ったり、骨を削ったり、

歯を分割する必要があるからです。

また、親知らずを抜く際にCTを撮ることがあります。

上の親知らずは、上顎洞という副鼻腔と繋がっていることがあります。

もし、歯を抜こうとしていて親知らずが

その上顎洞の中に誤って入りこんでしまうと

かなり大変な手術をして取り出さなくてはなりません。

ですのでその危険性がないかどうかをCT撮影して調べる必要があります。

下の親知らずは、

下歯槽管という唇や舌の感覚の神経が入った管にくっついてることがあります。

もし、抜歯をしていてその神経を傷つけてしまうと

最悪の場合、唇や舌に一生しびれが残ることがあります。

ですのでその危険性がないかどうかをCT撮影して調べる必要があります。

そして、あまりにその危険性が高いと

大学病院や総合病院の口腔外科に紹介させてもらうこともあります。

また、必ずしも親知らずは抜く必要はありません。

基本的に横や斜めに生えている親知らずは、

ブラッシングしても汚れが取りきれなかったり、虫歯になるリスクが高いので、

抜歯した方が良い場合がほとんどです。

しかし、まっすぐ生えていて、きっちり汚れも取れており、

虫歯でもなければ、わざわざ抜く必要はありません。

将来的に奥歯がだめになった時に

もしかするとその親知らずが移植や矯正で使える可能性があるからです。

抜いた方が良い親知らずかどうか

知りたい方はぜひ担当医まで聞いてみてくださいね。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

《ドクターからの豆知識》なぜ歯の神経は残したほうがいいの?

2022.06.21更新

なぜ歯の神経は残したほうがいいの?

 

皆さんは歯の神経をとる、残す、といった言葉を聞いたことがあると思います。

神経をとった歯は、歯の寿命が大幅に短くなるため、多くの人は出来る限り歯の神経をとらずに治療を希望されます。

 

では、歯の寿命にもかかわる歯の神経の役割や、神経をとったらどうなるのかを詳しくみていきましょう。

 

一般的に歯の神経といわれるものは、歯髄といいます。

 

 

歯髄には無数の毛細血管や神経線維があり、象牙質に栄養や酸素を送ったり、歯に伝わるさまざまな刺激を感知し、脳に伝えたりします。

また、防御機能としての役割もあり、外部の刺激から歯を守り、細菌が歯の内部へ侵入しないよう働いています。

 

歯髄をとってしまうと歯に栄養や酸素が送られなくなるため、歯自体が脆くなり破折のリスクが高くなります。

また、刺激を感知しなくなるため、虫歯になっても痛みを感じなくなり、気付いた時には被せものの中で虫歯が大きくなっていることもあります。

 

 

しかし、歯の神経をとりたくない…と思っていても、ケースによってはとらなくてはならない事もあります。

神経をとって、根管治療が必要となるケースにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

神経をとるケースとして最も多いのが、細菌感染によって歯髄にひどい炎症が起こっているときです。

虫歯で、何もしないときにでも歯に強い痛みを感じた時には、もう既に歯髄に細菌が侵入している事が多く、そうなってしまうと痛みをとるために、神経をとる必要があります。

ケースによっては、断髄といって神経を全部とらずに一部だけとることもあります。(これはドクターの診断によりますので、出来る場合と出来ない場合があります。)

 

また、強い痛みを感じても、放っておくと痛みは無くなりますが、それは歯髄が壊死して痛みを感じなくなるからです。そのままさらに放置すると根の先に膿が溜まってしまう可能性があり、状態によっては治療してもなかなか治らないこともあります。

 

 

福西歯科クリニックでは、残せる神経は残していく治療をしています。

患者さんのケースによっては、診断で残せない場合もあります。

しっかりと説明し、理解していただいた上で治療を行っていますので、わからないことがあればドクターに聞いてみてくださいね。

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

詰め物が取れてしまう原因

2021.10.06更新

詰め物

歯の詰め物(金属や、セラミックなどの詰め物・被せ物)が突然取れてしまった事を訴えて歯科医院に来院される患者様は多くいらっしゃいます。「せっかく費用もかかったのに、どうして取れてしまったのだろう」と不安に思うでしょう。
詰め物が取れてしまうことを歯科用語では脱離と言います。今回は脱離の原因について考えていきたいと思います。原因は大きく3つあります。

① 虫歯
キレイに詰め物をして治療が終了した後に、普段の歯磨きや歯科医院での定期的なお掃除を疎かにしていると、詰め物の下に虫歯ができてしまう事がとても多いです。
詰め物の縁から虫歯ができてしまう事で、歯と詰め物の間に隙間が生じてしまい、詰め物が取れてしまいます。
虫歯にならない為には、日々のケアをきちんと行うことがとても大切です。デンタルフロスも合わせて使用することで、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間の汚れを掻き出してくれるのでとても有効です。
また、歯科医院での定期的なお掃除に行くことで、自分では磨けていないところもキレイにしてもらえます。そして虫歯になりかかっている所を見つけてもらえて、虫歯にならないように処置し、注意して磨くべきところを教えてもらえます。
定期的に歯科医院にお掃除に行くのは面倒だと感じる方も多いと思いますが、詰め物を入れて、その後虫歯ができて、また詰め物をとって治療をすることは患者様にとっても、歯科医にとっても辛いことだと思います。そのような状況を回避する為にも定期的なお掃除はとても大切です。

② 詰め物への負担
歯ぎしり・食いしばり、あるいは噛み合わせによって詰め物へ過度な負担がかかり、詰め物が一部かけてしまったり、詰め物を装着しているセメントが緩む事で取れてしまったりすることがあります。
歯ぎしりや食いしばりは特に睡眠時に起きることが多いです。また噛み合わせは長い年月を経て変化してくる事があります。
このような事から歯を守るために、睡眠時にマウスピースを付けてもらっています。マウスピースをつけることで歯の移動を抑えて、噛み合わせのズレが生じないようにしています。そして、歯ぎしり・食いしばりによる歯への過度な負担から守る事ができます。
初めはマウスピースに違和感や気持ち悪さを感じる方も多いと思いますが、歯を守る為に毎日つける習慣を身につけなければ意味がありません。たまたま付けずに寝た日に歯ぎしりを無意識にしてしまい、詰め物に負担がかかり取れてしまうこともあります。このようなことを避ける為に、毎日装着して徐々に慣れていくことが大切です。

③ 経年劣化
詰め物を最終的に歯に装着する際に歯科用の接着剤を用います。「この接着剤で着けたら絶対に何年保ちます」と説明している歯科医は恐らくいないでしょう。なぜならば患者様のお口の中の環境は皆様違うので、一概に何年保つなど断言できないからです。その要因としては、歯並びや歯磨きの程度や、噛む力、唾液の多い人少ない人など様々な要因があります。しかし、①や②でお伝えしたように、日々の歯磨きや定期的な掃除、睡眠時のマウスピースをすることで詰め物が取れてしまう確率を低くしていくことができます。医療において「絶対」という言葉は存在しません。取れないようにいかに工夫していくかが大切です。

まとめ
 【詰め物が取れてしまう原因】
 ・虫歯
 ・詰め物への負担(歯ぎしり・食いしばり・噛み合わせの変化)
 ・経年劣化
 【取れてしまう確率を低くするためには】
 ・日々の歯磨きを丁寧に行う
 ・定期的な歯科医院でのお掃除に行くこと
 ・睡眠時にマウスピースを毎日つけること

いつまでも健康な歯を保ち続けられるようにともにがんばっていきましょう。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

ご予約・お問い合
わせはこちら

●治療相談について

お電話での治療の相談等はご遠慮いただいております。相談をご希望される方は、ご予約の上、ご来院いただくことをお願いしております。

●キャンセル・変更について

ご予約のキャンセル・ご変更はできるだけ前日までにお電話にてお願いいたします。メールでのご連絡はご遠慮下さい。
ご予約が大変混み合っており、ご迷惑をおかけしております。
他にお待ちいただいている患者様が多くおられますため、
基本原則といたしまして、キャンセル・変更を続けて3回された場合ご予約がお受けできなくなります。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

診療時間 日・祝
9:30~20:00
最終受付19:00
06-6343-7586

※1週間以内のご予約はお電話にてお願いします

メールでのご予約はこちら
  • 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック FUKUNISHI DENTAL CLINIC
page top