矯正無料相談日程

令和3年度 矯正無料相談日程

2021.01.15更新

令和3年6月までの矯正無料相談の日程が決定しましたni

 

1月6日(水)・1月19日(火)

2月3日(水)・2月16日(火)

3月10日(水)・3月23日(火)

4月7日(水)・4月20日(火)

5月12日(水)・5月18日(火)

6月2日(水)・6月15日(火)

 

矯正治療をお考えの方は、まずはお気軽に無料相談にいらしてください笑う

日中のお時間帯は比較的ご予約がおとりしやすいです flower2

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

≪スタッフブログ≫トリートメントケア 1ヶ月集中プログラム

2021.01.14更新

glitter2新年、あけましておめでとうございます笑うglitter2

一段と肌寒くなってきましたが、皆様体調にお変わりはないでしょうか?un

 

 

今回は当院の期間限定メニューをご紹介します!!

 

glitterglitter『トリートメントケア 1ヶ月集中プログラム』glitterglitter

アパガードリナメル(歯磨剤)とプラクリア(洗口液) 付

 

このプログラムは、1ヶ月に4回ご来院いただき集中的にトリートメントを受けてもらうものです

 プログラム中はお家でのセルフケアも一緒に行っていただきますihi

 

 

~プロフェッショナルケア~

a  

 

 1week         1week           1week    

1回目  →  2回目  →  3回目  →  4回目 glitterglitter

セルフケアをしやすい土台を作る       集中的にエナメル質のケア・セルフケアの情報提供

 

 

 

~セルフケア~

 手順①アパガードリナメルでブラッシングを行う

A

 

 

手順②プラクリアで洗口する

7ml(ペットボトルキャップ一杯分)を口に含んで30秒ゆすいでください。

プラクリア使用後は水でのうがいは必要ありません!

 A

 

 

~トリートメントケアの効果~ 

 

 

direPoint1direミクロの傷から守る(再結晶化)

 a

歯の表面(エナメル)には食事や強いブラッシングによって、目に見えないミクロの傷が無数にできています。

ナノ粒子のハイドロキシアパタイトで細かい傷を修復し、

光沢のある滑らかな歯の表面にすることで

プラーク(歯垢)ステイン(着色)を付きにくくします

 

 

direPoint2dire初期むし歯から守る(再石灰化)

 a

ハイドロキシアパタイトのミネラルエナメル質の表層に浸透

丈夫な歯をつくります

 

 

dire Point3dire菌から守る(吸着除去)

 a

ハイドロキシアパタイトが細菌にからみつき、うがいによって外へ

細菌を減らすことでプラーク(歯垢)をつくりにくくします

 

 

 

1ヶ月でもっと健康で、最高の状態まで極めることができます

 

コーティングされたようにツヤツヤに輝く美しい歯を体験してみませんか??

 

 

詳しくはスタッフまでお気軽にお申し付けくださいgyanote2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)と歯科

2021.01.08更新

皆さんは今までムロンジェやブロンジェ、ドロンジェという言葉を聞いたことがありますか?
MRONJ(ムロンジェ)とは、Medication-Related OsteoNecrosis of the Jawの略で日本語訳をすると薬剤関連顎骨壊死と訳されます。
 詳しく説明すると、MRONJとは骨粗しょう症のお薬であるビスホスホネート製剤やデノスマブ(ランマーク、プラリア)、あるいは抗がん剤であるアバスチン、スーテント、ラパマイシン、ネクサバールなどの使用中・使用後にお口の中の手術を行うと顎骨壊死(顎の骨が腐ること)が起こり、その腐った骨が粘膜や皮膚に出てしまうことが報告されています。BRONJ(ブロンジェ)とはビスホスホネート製剤が原因で起こるもの、DRONJ(ドロンジェ)とはデノスマブが原因で起こるものを指しますので、MRONJの中の一つがBRONJやDRONJであるという位置づけになっています。

骨粗しょう症とは、骨の強度が低下してもろくなり、骨折しやすくなる病気です。骨の強度を規定する要因としては、骨密度と骨の質(骨質)があります。骨の強度に関しては、70%が骨密度、残りの30%は骨質に影響されるといわれています。そして、骨の強度が低下する主な要因としては、女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏、加齢、運動不足などの生活習慣の3つが考えられます。
 
 MRONJは約半分の人が歯を抜いた後の治癒不全として起こり、残りは歯性感染病巣(虫歯から起きた根の病気や歯周病)の放置や合わない入れ歯を使うことで出来た歯茎の傷が原因で起こります。初期症状は何もないのですが、進行すれば痛みや膿が出てきます。通常の骨壊死と異なり、骨壊死が限局化せず進行していく事が問題で、癌・骨転移患者で生じたMRONJでは有効な治療法が確立されていません。

 抗がん剤は休薬することは基本的に難しいので、ここからはBRONJ、DRONJについて考えていきます。

ビスホスホネート製剤やデノスマブを使用している方が歯科治療を受ける際に気をつけるべきポイントをQ&Aで見ていきましょう。

Q1 薬を止めることは必要か
A1 国内外ともに薬を止めることは推奨されておらず、BRONJやDRONJの予防効果は認められていない

Q2 抜歯はすべきか
A2 残せない歯はBRONJ、DRONJを引き起こさない為に速やかに抜歯するべきである

Q3 歯周病の治療はすべきか
A3 非外科的治療(メスを使わない、手術もしない)を主体として行う。再生療法は行わない

Q4 根管治療は行うべきか
A4 根管治療はしても良いが、歯根端切除術(歯茎をめくって根の先を切る手術)は行わない

Q5 被せ物や入れ歯で気をつけることはあるか
A5 被せ物は通常通りで問題ない。入れ歯は合っていなければ、合う様に調整するか新しく作り変える

Q6 インプラント治療はしても良いか
A6 して良い場合としてはいけない場合がある

Q7 インプラント治療後にビスホスホネート製剤、デノスマブを使用するとBRONJ、DRONJは起こるか
A7 起こる場合があるので注意が必要

Q8 インプラント周囲炎はBRONJ、DRONJを引き起こすことがあるかどうか
A8 引き起こす可能性が非常に高い

 特に注意したいのはQ7です。
骨粗しょう症は特に閉経後の女性がなりやすく、将来的にビスホスホネート製剤、デノスマブを飲まなくてはいけない状態になる方は決して少なくありません。ですので安易にインプラントを選択するのではなく、この様なリスクがあることを十分に考えた上での選択が必要になると思います。
 また、Q8も注意が必要です。
インプラントを入れた後にメインテナンスを継続的に行わなければ、誰でもインプラント周囲炎になるリスクが高くなります。これらの薬剤を飲まれている方はそれによってBRONJやDRONJを引き起こす可能性が高まります。ですので、メインテナンスがいかに重要であるかも分かって頂けたと思います。
 これらのお薬を飲まれている方は必ず担当医までお伝えください。また、分からないことや、ご不明点がございましたら直接、担当医までお尋ね下さい。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

新年のご挨拶

2021.01.05更新

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2021年もより良い医院を目指し、

スタッフ一同勤めてまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

本年も患者様にとって素晴らしい1年となりますように☆彡

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

ご予約・お問い合
わせはこちら

●治療相談について

お電話での治療の相談等はご遠慮いただいております。相談をご希望される方は、ご予約の上、ご来院いただくことをお願いしております。

●キャンセル・変更について

ご予約のキャンセル・ご変更はできるだけ前日までにお電話にてお願いいたします。メールでのご連絡はご遠慮下さい。

診療時間 日・祝
9:30~20:00
最終受付19:00
06-6343-7586

※1週間以内のご予約はお電話にてお願いします

メールでのご予約はこちら
  • 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック FUKUNISHI DENTAL CLINIC
page top