ドクターからの豆知識

MTAについて

2019.01.01更新

Mineral Trioxide Aggregate(MTA)
1990年代初頭にアメリカで開発され、日本では直接覆髄剤として2007年4月に承認されました。
ケイ酸カルシウムを基本とする無機セメントです。

特徴として、

①ほとんどの歯科材料は水分があると性能が低下しますが、MTAは水分と反応して固まるので、湿った環境であるお口の中で使用するのに適しています。

②MTAと水分が接触すると強いアルカリ性を示します。強いアルカリ性の環境下では細菌は生息できないため抗菌効果が期待できます。

③固まったMTAからはカルシウムイオンが溶け出します。これにより周囲の骨の細胞や歯髄(歯の神経)細胞を活性化し、治癒を促進します。

④これまでの材料は体の中に入ると異物と認識され炎症を起こしますが、MTAではその表面で細胞が増殖できる程、体にとって優しい材料です。

⑤固まると歯と一体化するため、封鎖性の点でも有利です。

これらの性質を利用して、 歯の神経の保護、難しいケースの根管充塡、穴やヒビの入った歯の修復、歯根端切除術、歯根吸収などの治療に広く用いられます。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

ご予約・お問い合
わせはこちら

●治療相談について

お電話での治療の相談等はご遠慮いただいております。相談をご希望される方は、ご予約の上、ご来院いただくことをお願いしております。

●キャンセル・変更について

ご予約のキャンセル・ご変更はできるだけ前日までにお電話にてお願いいたします。メールでのご連絡はご遠慮下さい。

診療時間 日・祝
9:30~20:00
最終受付19:00
06-6343-7586

※1週間以内のご予約はお電話にてお願いします

メールでのご予約はこちら
  • 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック FUKUNISHI DENTAL CLINIC
page top