ドクターからの豆知識

《ドクターからの豆知識》親知らずの抜歯、CTについて

2022.08.25更新

親知らずの抜歯、CTについて

皆さんは、親知らずを抜いたことや、

親知らずを抜いた方が良いと言われたことはありますか。

多くの皆さんが、どちらかを経験していることと思います。

また、親知らずを抜いたご家族やご友人から、もの凄く痛かった、

すごい時間がかかって大変だったという話や、反対にほとんど痛みも出ず、

痛み止めも飲まなかった、一瞬で抜けたなんて話を聞いた方も

いらっしゃると思います。

では、同じ親知らずでもどうしてこんなにも違いがあるのでしょうか。

今回は親知らずの抜歯の難しさについて考えてみましょう。

まず、簡単に抜ける親知らずとはなんでしょう。

それはまっすぐ生えていて、根っこも曲がっておらず、

歯茎や骨に埋まっていない親知らずです。

この様な親知らずは1分もかからず抜けるなんてこともあります。

(もちろん血圧を測ったり、麻酔をしたり、

止血をしたりするので治療時間は30分程はかかります)

逆に、抜くのが大変な親知らずとはなんでしょう。

それは横や斜めに生えていて、根っこが曲がっており、

歯茎や骨に埋まっている親知らずです。

場合によりますが、難しければ1時間近くかかることもあります。

なぜなら、抜く際に歯茎を切ったり、骨を削ったり、

歯を分割する必要があるからです。

また、親知らずを抜く際にCTを撮ることがあります。

上の親知らずは、上顎洞という副鼻腔と繋がっていることがあります。

もし、歯を抜こうとしていて親知らずが

その上顎洞の中に誤って入りこんでしまうと

かなり大変な手術をして取り出さなくてはなりません。

ですのでその危険性がないかどうかをCT撮影して調べる必要があります。

下の親知らずは、

下歯槽管という唇や舌の感覚の神経が入った管にくっついてることがあります。

もし、抜歯をしていてその神経を傷つけてしまうと

最悪の場合、唇や舌に一生しびれが残ることがあります。

ですのでその危険性がないかどうかをCT撮影して調べる必要があります。

そして、あまりにその危険性が高いと

大学病院や総合病院の口腔外科に紹介させてもらうこともあります。

また、必ずしも親知らずは抜く必要はありません。

基本的に横や斜めに生えている親知らずは、

ブラッシングしても汚れが取りきれなかったり、虫歯になるリスクが高いので、

抜歯した方が良い場合がほとんどです。

しかし、まっすぐ生えていて、きっちり汚れも取れており、

虫歯でもなければ、わざわざ抜く必要はありません。

将来的に奥歯がだめになった時に

もしかするとその親知らずが移植や矯正で使える可能性があるからです。

抜いた方が良い親知らずかどうか

知りたい方はぜひ担当医まで聞いてみてくださいね。

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

ご予約・お問い合
わせはこちら

●治療相談について

お電話での治療の相談等はご遠慮いただいております。相談をご希望される方は、ご予約の上、ご来院いただくことをお願いしております。

●キャンセル・変更について

ご予約のキャンセル・ご変更はできるだけ前日までにお電話にてお願いいたします。メールでのご連絡はご遠慮下さい。

診療時間 日・祝
9:30~20:00
最終受付19:00
06-6343-7586

※1週間以内のご予約はお電話にてお願いします

メールでのご予約はこちら
  • 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック FUKUNISHI DENTAL CLINIC
page top